ブラジリアンワックスの痛みについて

巷でじわじわと流行しているブラジリアンワックス。

興味はあるけど、ネックなのはやはり痛みではないでしょうか。

陰毛を一気に抜くわけですから、痛いに決まってますし、それがどの程度痛いのかはあらかじめ知っておきたいものです。

足や腕のムダ毛が生えている部分にガムテープを貼って、一気にえいっと剥がした経験のある方はいないでしょうか?

市販の脱毛テープを買うのをケチって、ガムテープで皮膚を傷めてきた苦い経験がある方ならわかると思うのですが、あのときの爽快感、いたぎもちいい感覚が、ブラジリアンワックスにもあるのだそうです。

ブラジリアンワックスは肌にワックスと布を貼り付けて、乾いたところをべリッと剥がすものですから、確かに脱毛テープなどと似た感覚があるのだと思います。

ですが、注意したいのは、それを陰部で行うという点です。

手足の皮膚とは違って、陰部は薄い分、痛みも直に伝わりそうなデリケートな部分です。

しかし、実際には、レーザー脱毛を受けるときより楽、と答える人が多いのだといいます。

それにしてもやはり個人差があって、肌の強い人、弱い人、毛の太い人、細い人でそれぞれ異なるようです。

結局のところ、痛みを知るには、もう体験してみるしかありませんね。